非淋菌性の尿道炎

非淋菌性の尿道炎

非淋菌性の尿道炎

デリヘルなどの風俗に通うと性病になる恐れがある。
性病のなりやすさは個人差があると思われるが、私自身は初めてなったので非常にビックリした。
なぜなら、前後の期間的に思い当たる相手の女性との行為は
オーラルセックスは非常に淡白で短時間であったことに加えて、
行為の際には衛生器具を女性の希望でまるで汚いものを扱うかのように厳重に装着されて行為に及んだにも関わらず
初の性病に感染してしまったからだ。
行為の際の体調も万全とはいえないまでも悪いともいえない範囲だったと記憶している。

 

症状としては排尿時の痛み(かなり痛い、熱いひりひりした感じで排尿時の恐怖心がある感じ)と下腹部、睾丸のあたりの違和感。検査はコチラ
医者に行くと採尿されて、顕微鏡で自分の尿を見せられて細菌が多いと言われて、2週間分の抗生剤を渡された。
淋病ではない。尿道炎だろうとの診断。

 

この抗生剤(確かミノマイシン)が幻暈が強くてデスクワーク中心だが仕事に難渋した。
効いているのか微妙な感じの効果だったが、直したい一心で薬を飲みきって2週間後に受診すると綺麗に治っているとのこと。
確かに症状は軽減したが、若干の違和感はあったが問題ないとの診断で治療終了。
その後3カ月ほど経つが特に問題なく正常な状態である。

ビジネスからカジュアルまで幅広く対応できる革靴は、メンズファッションにおいて最も身近で重要なアイテムの一つです。
しかし、身近なアイテムであるからこそ付き合い方が難しいものでもあります。
よく踵が踏みつぶされた靴や革が破けてしまった靴を履いているサラリーマンをかけます。
「お洒落は足下から」と言いますから、やはり身だしなみとして靴のメンテナンスはきちんとしておくべきかと思います。
また一方で、どんどん新しい靴を購入していく人も多いかと思います。
確かに見栄えよくはなるのですが、常に新しい靴だと靴本来のが活かしきれないように思えます。
プライベートで履く革靴も、ビジネスで履く革靴も同じように扱うべきです。確かにプライベートはリラックスをしたい場面はありますが、
アイテムをきちんと綺麗に扱えないのは私は好きではありません。特に30代の独身ともなればある程度お金に余裕が出てくるはずです。ファッションスタイル
本来の革靴は長年履き続けて味を出していくものです。
自分の歳とともに深みをかけいった革靴こそが真のお洒落アイテムかと思います。
また、革というのは動物一頭、一頭から作られる貴重なモノです。
雑に扱うのではなく長年履きこなして味のある一品に仕上げていきたいものです。

 

続きを読む≫ 2014/07/06 16:54:06
ホーム RSS購読 サイトマップ